2014年07月25日

昔の明石フェリービデオ映像

YouTubeに明石フェリー(たこフェリー)の初代と2世代目のフェリーの運航の様子を収めた大変貴重な映像が公開されていたので、ご紹介します。

・明石フェリー(国道28号線)  1964 1986


映像の最初の方には、1964年(昭和39年)の明石フェリーの第1世代目のフェリーの映像と、当時の岩屋港の様子が収められています。
こんな昔のフェリーが映像として残ってるなんて、凄すぎます(T-T)

この時代の明石フェリーの船は、客室が無く車両甲板の上にブリッジ(操舵室)が乗っかっているような構造になっているのが確認できます。

私はずっと、明石フェリーの第1世代目の船は、両頭型(前後対称で前にも後にも同じように進める船)だと思っていたんですが、この映像では出港した後に180度回頭してから進んでいるように見えるので、両頭型ではなさそうな感じです。
しかも、ブリッジの位置は、船体中央ではなく進行方向側(船首側)に寄っているように見えます。

この船は、明石フェリーの第2船「あさしお丸(初代)」ではないかと推測しますが、どなたか詳細をご存知の方がおられましたら、教えてくださいm(_ _;)m


そして時は流れて、1986年(昭和61年)の明石港に舞台が移ります。
個人的には、この時代の映像が懐かしくて懐かしくてたまりません(^ ^;
カメラワークも構成も素晴らしいので、明石や淡路島住人の方はもちろん、それ以外のフェリー好きの方にもオススメしたい映像資料です。

「第二あさぎり丸」「第二あさかぜ丸」「第二あさしお丸」「あさなぎ丸(初代)」と当時の明石フェリー所有の全ての船が登場して、それぞれに見せ場があるのが良いですね。

私の記憶では、明石フェリーの旧世代の船は、もっと古びた、くたびれた印象があったんですが、映像を見る限りまだまだ綺麗で、魅力的に映ります。
子供の頃は、古い物に対して異常に敏感で免疫が無いので、実際以上に老朽化したイメージが定着してしまうのかもしれません(^ ^;

普通は見れないブリッジ内での操船の様子や、エンジンルームは勿論の事ながら、船内アナウンスやエンジン音、橋がかかる前の明石海峡の様子、車両甲板に載せられる懐かしい車たちなど、今となってはすべてが貴重に感じられる映像でした。

■明石フェリーの第二あさぎり丸
http://anma.sblo.jp/article/62937176.html

■たこフェリー(YouTubeプレイリスト)
http://www.youtube.com/playlist?list=PLDB2y91k1HulmfYUGYuSFLLt8S5eg6vJL

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ押してやってくださいm(_ _)m

posted by さかい at 08:46 | Comment(0) | TrackBack(0) |
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/101941248
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック