2009年08月26日

JBL4344スピーカー入荷?

家庭用のハイファイ・スピーカーから、特殊な業務用スピーカーまで、様々なスピーカーを作り続けているスピーカーメーカーのJBLが1982年にリリースした「MODEL4344 STUDIO MONITOR」です。

思いのほか巨大です。
しかも見た目以上に重いので、店内への搬入は大変でしたが、店のオープン前から色々お世話になっているお方の協力もあって、3人がかりでなんとか2階まで運び入れる事ができましたm(_ _)m

元々オーナーの私物だったのですが、長年使われないまま放置されていたので、色々と痛んできています…

↑ウーハーのウレタンエッジ劣化


↑スコーカーのウレタンエッジ劣化


↑サランネットの剥がれ


↑音響レンズのマジックテープ外れ
音響レンズとマジックテープを接着していたはずのボンドが、パリパリのポロポロ状態に…

このままでは使い物にならないうえ、見栄えも悪いので、DIY的に修理してしまいました(^ ^;。

ウレタンエッジとボンドはネット通販で購入!
取替え方法の説明書まで付いていて助かりました〜(^ ^)

■ファンテック スピーカー部品・修理・ビンテージオーディオのお店
http://www.funteq.com/


↑各ユニット(2235H & 2122H)を取り外し
ユニットはかなりの重さがあるので、取り外しの際に落下させないように注意!


↑古いエッジを取り除いている図(2235H)
時間がかかる作業ですがコツコツ取り除きます…

その他、音響レンズのマジックテープは劣化した古いボンドを完全に除去してから、プラスチック用のボンドで貼り直し、サランネットの剥がれも修正。
さらに外れてしまっていたサランネット上のネームプレートも付け直して、出来上がり〜


↑修理を終えたJBL4344(サランネットなし)


↑修理を終えたJBL4344(サランネット装着)

音質的には、アンプも含めたもっと本格的なオーバーホールが必要そうですが、今回はとりあえずこれでミッション完了と言う事にしておきます…(^ ^;
完全復活までの道のりは険しそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ押してやってくださいm(_ _)m

タグ:修理
posted by さかい at 10:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | オーディオ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/31623448
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック