2010年03月09日

Windows版の奇々怪界

ちょっとした経緯があって、奇々怪界(というゲーム)を買ってしまいました(^ ^)
ao_414

奇々怪界と言えば、昔ファミコン版を持ってましたが、結局クリアできずに別のゲームに書き換えてしまったという苦い思い出があります(哀)

今回は、それから遥か後にWindows用ソフトとしてメディアカイトというメーカーからリリースされたモノをヤフオクでゲットしてみました(^ ^)

★87%OFF即決★懐ゲー★奇々怪界 TAITO◆名作ゲーム◆新品◆

ao_415

Windows版の奇々怪界がある事も、ファミコン版の奇々怪界(怒涛編)とオリジナルであるアーケード版の奇々怪界とでは、ゲーム内容がかなり違う事も今回始めて知りました(爆)

(ファミコン版ではない)本来の奇々怪界は、任意スクロール型のシューティングゲームと言った趣で、爽快感があって予想以上に好感触でした〜
各ステージのマップもコンパクトながら高密度に作り込まれている感じで、当時の開発陣のこだわりが感じられます。

しかしながらこのゲームの特筆すべきポイントは、なんと言っても主人公キャラである「小夜ちゃん」の愛らしさです(爆)
短い手足をバタつかせながら、必死でお札を投げたり、お祓い棒を振る姿は必見です(^ ^;

ao_416

そして極めつけは、やられた時の多彩な演出ですね!
一般的なアクションゲームと同様に、敵や敵が放つ飛び道具に接触すると1ミスになりますが、その瞬間画面の動きもBGMも止まります。
この時、敵のスプライトが必ず小夜ちゃんの上に被さるように表示されてるのがポイントです。
敵の猛攻がモロに直撃している無様な状態を、無音でプレイヤーに見せつけた後、お馴染みのテーマ曲に合わせて、クルクル回ってバタンと倒れこむ、小夜ちゃんのやられアクションを見せてくれます(^ ^;
なんという見事なドジっ娘アピールぶりでしょう!(爆)

他にも、川に落ちたり、崖から転落したり、妖怪に抱き付かれたり、敵ボスの攻撃にはじき飛ばされて壁に激突したり、やられパターンのバリエーションが非常に豊富です。
いずれもコミカルな表現に徹しているので、やられても陰惨な感じがしないところも良いですね(^ ^)

敵キャラに簡単に追いつかれてしまう小夜ちゃんの足の遅さも、イメージにハマり過ぎていて、憎めない感じです(爆)
他のゲームでありがちな、移動速度アップのアイテムも用意されない徹底ぶり?です。

ao_417
↑アーケード版からの裏技「熊グラフィック」もきっちり再現。

ちなみにこのWindows版、うちのVista環境で実行すると、フルスクリーン表示で色が変になってしまいます。
何度かウィンドウ表示とフルスクリーン表示を切り替えると、正常な色に戻る時がありますが、根本的な対処法として「デスクトップ コンポジション」を無効化すれば、問題を回避できるようです。

手順1)スタートメニューに登録された奇々怪界のアイコンを右クリックして、[プロパティ(R)]を選択。

手順2)[互換性]タブをクリックして[デスクトップ コンポジションを無効にする]にチェックを付けて、[OK]ボタンをクリックします。

Ao_418

あとWindows版以外では、PS2用にリリースされている「タイトーメモリーズ」にも奇々怪界が収録されているそうです。
タイトーのアーケードゲームを25本も収録しているので、こちらもかなりお買い得感が高そうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ押してやってくださいm(_ _)m

posted by さかい at 22:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | ゲーム
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/36170089
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック