2010年12月06日

プリンターのインクを詰め替えよう!(続)

先日、プリンターのインクを詰め替える時に必要になる「チップリセッタ」の電池を交換したので、その時のレポートです(^ ^;


↑チップリセッタ(QE368)

チップリセッタの針状の電極をインクカートリッジの電極に接触させて、インク残量をリセット(満タン状態に)します。


本来なら、リセッタのインジケータLEDが「赤」から「緑」に変わり、リセットが完了します。
ところがその日は、何度やっても「赤」のままで「緑」に変わらなくなってしまいました(焦)

電池切れにしては早すぎる気もしますが、内部の確認も兼ねてバラしてみました。


↑小さいプラスドライバーがあれば電池の交換ができます。


↑取り出したボタン電池。なんか錆びてます(爆)

チップリセッタにはボタン電池が3個使われていて、ずれないようにする為か、ボンドで固定されてました。
このボンドをきれいに取り除くのが大変でした(汗)

元々付いていたボタン電池には「AG3」と刻印されてます。
今回はアルカリマンガン電池ではなく、酸化銀電池の「SR41」に交換してみました。(100円ショップで売ってました)

これで無事、インクカートリッジのリセットが出来るようになりました(^ ^)

■プリンターのインクを詰め替えよう!■

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ押してやってくださいm(_ _)m

タグ:EPSON PM-920C
posted by さかい at 23:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | パソコン(ハード)
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/41994817
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック