2008年10月11日

アニメまとめ感想

今回は久々にアニメのまとめ感想を行ってみたいと思います(^ ^;

■銀魂「会わないとわからないこともある」
なんやかんやで最終章に突入してしまったアニメ銀魂。
このまま終わってしまうとは到底思えないほど、今回もネタがキレまくってるんですけど…(汗)

今回のお話を構成する上で最も重要なポイントになってるのが、うららちゃんやうららちゃんのお姉さんではなく、近藤さんが言い放ったひとこと
「ムラムラします」
コレに尽きますね(爆)
このフレーズを絶妙のタイミングとさじ加減で物語の中に組み込む事により、上質な?笑いを演出しています(^ ^;

血液型による性格の決めつけなど、偏見を助長する放送はしてはいけません。
いやぁ〜まったくですね(笑)
銀魂以外の他のメディアでも見習って欲しいもんです(爆)

フォローの男「フォロ方十四フォロー」おそるべしっ!
でも最終的に一番まずいキーワードが丸々残ったままになるのが、銀魂らしい展開でナイスです。


■天才バカボン
うちの地域では天才バカボンの再放送が始まりました。
しかも一番初期のテレビシリーズです。ここまで来ると歴史的価値すら感じます。

とりあえず2回放送分(4話分)見ましたが、個人的には何と言ってもおまわりさんが赤ちゃんプレイさせられるシーンが圧巻でしたね。
「産湯につかるのだ」と言ってるパパの顔が怖い…(^ ^;
おまわりさんが赤ちゃん役をやる羽目になる経緯の描写が凝りに凝ってて、思わず唸りたくなる感じです。
そしてその後のアホ過ぎる親子の思考回路と能天気な台詞に大ウケしました。
「そうだ赤ちゃんだったのだはっは」by バカボンのパパ
いやぁ〜昔のギャグアニメはノリが実にのどかですよね〜(T-T)
これでいいのだ!


■きらりんレボリューション
たまたま見かけたきらレボで、言いようのない違和感が…

新八「銀さん。なんか感じ違いません?」
銀時「そうか?」
神楽「いつも通りね。」
新八「ってみんな3Dになっちゃってますよ!!!」
(Wii専用ソフト 銀魂万事屋ちゅーぶツッコマブル動画 TVCMより)

って感じでした(^ ^;
まさか本編の登場キャラまで3D化してしまうとは予想外でした。
いずれにしても気付くの遅すぎですが…(爆)
昔マイクロソフトから3Dムービーメーカーというソフトが出てましたが、それで作った動画を見せられてるような気分になりました(爆)

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ押してやってくださいm(_ _)m

タグ:銀魂
posted by さかい at 19:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | アニメ
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/44499761
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック