2012年08月24日

沼島汽船 しまちどり

淡路島洲本港に現在唯一残る定期航路、沼島〜洲本間で活躍中の小型旅客船、沼島汽船の しまちどり の写真を撮ってきました。


定期航路といっても、運行されるのは週3回(火、木、土)だけで、運行がある日も沼島発の1往復なので、洲本港からこの船に乗っても(洲本港へ戻る)帰りの船がありません。


↑真横から見た図。
船体の前の方にだけ客室があり、後ろはクレーン付きの荷台スペース?になってるのが特徴的です。


小型の客船でありながら、大きな荷物も積めるようになっているんですね。


↑リクライニングシートが並ぶ客室。



■沼島(wikipedia)
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E6%B2%BC%E5%B3%B6

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ押してやってくださいm(_ _)m

タグ:写真
posted by さかい at 16:56 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2012年07月11日

たこフェリー「あさぎり丸」の行方

明石や淡路島の船好きにとっては周知の事実なのかも知れませんが、個人的にずっと謎だった明石フェリー(たこフェリー)の「あさぎり丸」のその後の足取りに関する情報を偶然見つけたので、紹介しておきます(^ ^)

■精 不知不觉中,渐渐脱离我们视线的青岛轮渡(中国語サイト)
http://club.qingdaonews.com/showAnnounce_128_4063200_1_0.htm

中国語なので内容は良く分からないんですが、なつかしの元明石海峡フェリーのあさぎり丸の写真が!

あさぎり丸は明石フェリーの3世代目のカーフェリーとして、1989年に建造。
その後、明石海峡大橋の開通による減便で、真っ先に海外売却されてしまった船です。

中国の胶州湾という所の 青岛-黄岛 または 青岛-薛家岛 の航路で運行していた青島カーフェリー会社(青岛轮渡公司)に1998年12月に売却され、lujiaodu8(鲁胶渡8)という船名で使用されていたようです。

しかしこちらでも橋が出来た?事で利用者が減少、減便を余儀なくされ、2011年12月25日、あさぎり丸はインドネシアに730万元で売却されたようです。

機械翻訳した文章から解釈してますので、間違った事を書いていたらすみませんm(_ _)m

■サノヤス造船株式会社(サノヤス・ヒシノ明昌)■
あさぎり丸を作った造船所。
CMギャラリーのアニメ「造船番長」が色んな意味で凄すぎます(^ ^;

■淡路島の 船 写真〜たこフェリー「あさかぜ丸」■

■淡路島の 船 写真〜たこフェリー「あさしお丸」■

■淡路島の 船 写真■

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ押してやってくださいm(_ _)m

posted by さかい at 23:42 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2011年07月08日

昔撮ったやえしほ丸の写真

前回の記事から続いてしまってますが、また淡路フェリーネタですm(_ _;)m
ずっと無くしたと思っていた昔撮ったやえしほ丸の写真がネガの状態で見つかったので、PCに取り込んでブログにアップしてみました(^ ^;


↑淡路フェリーボートのやえしほ丸。
偶然やえしほ丸に乗船した当時のクラスメイトから「エスカレータが付いていた」とか「客室がやたら豪華だった」とか聞かされたので、私も真相を確かめるべくやえしほ丸に乗りたい!と思い続けていたんですが、結局1回も乗ることが叶わなかった因縁深い?船です(^ ^;

当時の淡路フェリー(大磯港〜須磨港航路)は、前回の記事で紹介した若鶴丸を含む、ほぼ同じ外観と内装の同型船で運行されていたので、1隻だけ形の違うやえしほ丸は、妙に浮いた存在でした。


↑別の角度から
ちなみにやえしほ丸は、クルーズ船として使用するために大改修が行われていて、改修前と後では、かなり外観が変わっています。
ここで紹介している写真は、すべて改修後の姿です。

改修が行われる前は、阿那賀港〜亀浦港航路(淡路島<->四国航路)で主に使われていたようです。
改修前のやえしほ丸(とその姉妹船)は、1階部分だけでなく2階部分にも車両を載せる構造になってましたが、2階の両端に細長く客室があり、中央が車用のスペースになっていたのが印象に残ってます。
3階部分は、普通に全部客室になってました。
相当昔のことなので記憶が曖昧ですが、インテリアの雰囲気は大磯港〜須磨港航路の船(○鶴丸)と似た感じだったと思います。


↑大磯港のすこし南にある別の着岸バースに泊められていました。
私の住んでいるところから、大磯港まではかなり距離があるんですが、やえしほ丸を求めて大磯港までひたすら自転車を漕ぎ続けました(^ ^;
写真を撮って家に帰るだけで1日がかりでした(汗)


↑当時、やえしほ丸以外の淡路フェリーボートの船体はみんな無地だったので、ブルーにペイントされた「AFB」の文字が一際目立ってました。
窓も縦長で大型のものが採用されています。



↑当時の淡路フェリーでは、階段の手すり部分に船ごとに色の違うアクリル板?が付けられるのがお決まりになってましたが、やえしほ丸は青色だったようですね。


↑点検中だったんでしょうか?ファンネル(煙突)部分に人影が写ってます。



左側面は1階車両搭載スペースの窓と2階客室後部のラインが揃えられていますが、右側面は何故かちょっとずれてます。
大改造で俄然スタイリッシュ生まれ変わったやえしほ丸ですが、この点だけはちょっと惜しいような…(^ ^;

ところで、臨時便として運行されていたやえしほ丸は、人だけでは乗せてもらえない!という大きなハードルがありました。
淡路フェリーでは、人だけの場合は2階の搭乗口から乗船することになっていましたが、やえしほ丸はクルーズ船に改修された際に、2階の搭乗口はバッサリ取り払われてしまったようです。

そんな訳で、主に人だけで淡路フェリーを利用していた私としては、外から眺めるくらいしかできなかったのが心残りでなりません…(T_T)

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ押してやってくださいm(_ _)m

posted by さかい at 23:24 | Comment(4) | TrackBack(0) |

2011年07月01日

若鶴丸 改め Starlite Atlantic

子供の頃によく乗った淡路フェリーボートですが、当時使われていた船の中には、海外で今なお現役で使われているものもあるようです。
そのうちの一隻「Starlite Atlantic」と船名を変えた「若鶴丸」は、客室を含む沢山の写真がネット上にアップされています。

■Starlite Atlanticの写真(flickr)
http://www.flickr.com/search/?w=all&q=Starlite+Atlantic&m=text

残念ながらだいぶ改造されてしまってはいるんですが、当時の面影は残ってます。
老朽化してボロボロになりながらも、手直しして使われ続けてるのがなんとも感慨深いものがありますね。

若鶴丸(WAKAZURU MARU 1975年 IMO7501534)は、1991年に中国に売却され「Zhou Du 11」の船名で使われた後、フィリピンに売却され現在に至るようです。

2階の車両搭載スペースだった部分は客室に改造されてますが、3階の元々客室だった部分(Tourist Class Extension - Deck 4)は、比較的原型を留めていて驚きです!
これは懐かしすぎる〜(T-T)
忘れかけていた当時の記憶が蘇りました。

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ押してやってくださいm(_ _)m

posted by さかい at 23:58 | Comment(0) | TrackBack(0) |

2010年12月20日

淡路島の 船 写真〜たこフェリー「あさかぜ丸」

今回は、運行休止中のたこフェリーに残っていた最後の1隻「あさかぜ丸」の写真を載せていきたいと思います。

たこフェリー:「さようなら」最後の一隻出港−−売却先へ /兵庫(毎日新聞)- Yahoo!ニュース

これで淡路島航路のすべてのフェリーはなくなってしまったんですね(T_T)

※写真をクリックすると大きくなります。


↑以前紹介した「あさしお丸」と同型船の「あさかぜ丸」。通称は「のりたい号」
船体には、明石のご当地キャラがペイントされています。


↑これでもたこフェリーの中では一番地味な外観の船でした(^ ^;






ちなみに、たこフェリー(明石フェリー)と言えば、今回売却された「あさかぜ丸」よりも1つ前の旧世代の船の事が思い出されます。

今より小ぶりの古めかしいフェリーボートに初めて乗り込んだのは、中学の遠足の時だったように記憶してます。
あちこち錆びまくりなのを誤魔化すかのようにオレンジ色にペイントされた古い船体で、明石海峡を大きく揺られながら渡って行く感じは、これはこれでスリリングで楽しかったですね(^ ^;

現行の(現行だった)新造船に切り替わった時は、ずいぶん立派な船になったなぁと感心したものです。
今となってはそれも懐かしい思い出ですね(T-T)

■あさしお丸の写真■  /  ■淡路島の 船 写真■

ブログランキング・にほんブログ村へ ブログランキング ブログランキング
ブログランキングに参加しています。よろしければ押してやってくださいm(_ _)m

posted by さかい at 22:32 | Comment(7) | TrackBack(0) |